電気工事士に関する記事一覧


電気工事士

第二種電気工事士の技能試験を攻略するにあたり、「複線図が正しく描けること」と「複線図の通りに施工できること(配線・接続など)」はとても重要です。ここでは全候補問題(No.1〜No.13
)の複線図を解説するとともに、施工の概念図(イラスト)および施工例を紹介します。複線図からさらに進んだ学習にて合格を目指しましょう。

電気工事士

電気工事士の技能試験に必要な工具を揃えていますか?特に「指定工具」は必須です。まだの方は本記事を参考に、買い揃えましょう。工具がないと試験を満足に施工できないため、必ず確認してくださいね。また、工具だけではなく、電線材料を買って手を動かすことも重要です。電線の購入は投資と割り切り、腕前を磨きましょう。

電気工事士

令和元年(2019年)の第二種電気工事士下期技能試験が、2019年12月に開催されます。まずは筆記試験の合否確認をし、それから技能試験の準備・対策を行いましょう。テキストを準備するの大事ですが、工具を揃えて手を動かし、実技を磨くことが最重要です。そのために準備する内容をここで解説します。

電気工事士

電気工事士の技能試験、候補問題No.13の複線図を解説します。この問題は、自動点滅器の内部回路を正しく読み取れることが、正解への鍵です。その他は比較的易しい考えなので、複線図をしっかりと描き、慌てずに施工に望むことが合格への近道でしょう。学習をしっかり進めましょう。

電気工事士

電気工事士の技能試験、候補問題No.12の複線図を解説します。こちらも候補問題No.11と同様、複線図自体はそんなに難しくありませんが、電線管の施工があるため、要注意です。複線図とは別に正しい施工法を習得しておく必要があります。また、このNo.12においてはPF管のため、扱いを雑にして破損させないことも重要です。

電気工事士

電気工事士の技能試験、候補問題No.11の複線図を解説します。複線図自体はそんなに難しくありませんが、電線管の施工があるため、複線図とは別に正しい施工法を習得しておく必要があります。施工の面で少々面倒な点があるため、複線図をマスターし、施工時間を余裕持って確保できるようにしておければ合格への道は開かれます。

電気工事士

電気工事士の技能試験、候補問題No.10の複線図を解説します。全ての負荷がひとつのスイッチで連動するよう施工を進めます。スイッチ周りのわたり線の施工に注意しましょう。また、施工条件をよく読み、電線の色の仕様に間違いがないよう注意も必要です。

電気工事士

電気工事士の技能試験、候補問題No.9の複線図を解説します。シンプルな回路ですが、電線の結線間違いなど、些細なミスが命取りとなります。電線の連結方法や接地などの基本的な概念をしっかり頭に入れておきましょう。

電気工事士

電気工事士の技能試験、候補問題No.8の複線図を解説します。リモコンリレーの回路は一見複雑に見え「考えたくない・手にかけたくない」と考えてしまうかもしれませんが、試験で施工する範囲としてはとても単純な回路となっています。しっかり覚えて、「出題されたらラッキーだな」と言うレベルまで理解を深めましょう。

電気工事士

電気工事士の技能試験、問題No.7の複線図を解説します。3路・4路スイッチの構造が理解できればとても簡単な問題です。概念も難しくはないため、しっかり習得して「出題されたらラッキー」と言うレベルまで身につけましょう。