建設に関する記事一覧


建設

最近、上のようなヘルメットを被った猫を、Twitterなどを始めネット上で見かけたことある方、いませんか? 稀にオフラインでも見かける方がいらっしゃるかもしれませんが…笑 ヘルメットを被り、謎のポーズをとっているこの猫は […]

建設

法定停電というものをご存知ですか?電気事業法では、自家用工作物は停電させて点検する必要があると謳っています。設備を停電させると、会社によっては非常に困ることになるでしょう。そのような事象を回避するための電源を紹介するとともに、法定停電とは何か、ここで解説します。

建設

2019年10月1日より、消費税が8%から10%となりました。 たかが2%されど2%、1万円のものを買えば、ついに1千円の課税となります。 税と名のつくものは今後ますます国民を圧迫していくことでしょう。 それに対しての見 […]

安全 建設 施工管理

北海道労働局(厚生労働省)による、「建設工事追い込み期の労働災害防止運動」が2019年にも開催されます。なお、追い込み期とは10〜12月のことを言います。建設工事の労働災害防止に向け、様々な活動が企画されています。このような企画に積極的に参加し、安全意識の向上に努めましょう。北海道以外の方もぜひご一読下さい。

建設

建設工事に欠かせない「玉掛け」作業ですが、危険が付き物の作業でもあります。特に玉掛け用具については性能に問題があると予想以上に強度が持たず、事故となる可能性を秘めています。そのため、点検はとても大事です。点検したら、点検色を明示することも大切ですね。ここでは、そんな内容を解説します。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。「国民皆保険」ではありますが、健康保険の種類は様々です。保険の種類を調べ、正しく保険番号を入力する必要があります。どこを確認すれば健康保険番号がわかるのか、そこも解説します。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。厚生年金保険「雇用保険」適用事業かどうかも含め、正しく保険番号を入力する必要があります。どこを確認すれば厚生年金保険番号がわかるのか、そこも併せて解説していきます。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。所属する会社において、そのようなデータが自社のどこに保管されているかわかりますか?ここでは、社会保険のうち「雇用保険」にスポットを当てます。どこを確認すれば雇用保険番号がわかるのか、解説していきます。

法令

施工体制台帳で社会保険加入状況を確認する理由をご存知ですか?その理由を解説します。2012年(平成24年)に建設業法施行規則が改正され、施工体制台帳に社会保険の加入状況を明記することが必須となりました。2019年(令和元年)では社会保険未加入の会社はほぼいないと思いますが、ゼロではないかもしれません。

法令

施工体制台帳と聞くと、気が重くなる方もいるかもしれません。ですが、工事現場全員の安心安全な作業を保証する大事な書類となるため、必ず遅延なく作成・提出しましょう。ここでは、なぜ施工体制台帳を作成するのか、なぜ施工体制台帳が必要とされるのか、わかりやすく、明確に解説します。