Shoji

1級土木施工管理技士の受験のすべて【申し込みから合格まで】

施工管理

本記事は、数ある「施工管理技術検定試験」から、縁あって「1級土木施工管理技士」の資格を選択することになった皆様のための記事です。

本記事をご覧になられている方の多くは、1級土木施工管理技士の受験を目指している方だと思います。

当ブログでは、1級土木施工管理技士に関する記事を様々書いて参りました。
そして、本記事は、その多数ある記事を閲覧しやすくまとめたものとなります。

ご自身に「今必要な情報」はその時々で異なるかと思いますが、本記事の内容にてほぼ全てを網羅しているので、宜しければご利用ください。

皆様が合格することを願っています。

本記事の目次

  • 1級土木施工管理技士の受験申し込みに関する記事
  • 1級土木施工管理技士の過去データに関する記事
  • 1級土木施工管理技士の学科試験に関する記事
  • 1級土木施工管理技士の実地試験に関する記事

1級土木施工管理技士の受験申し込みに関する記事

受験の申し込み期間は非常に短いため、早急に行いましょう。
本記事を執筆している令和2年度の申し込みは、そろそろ終了しますのでご注意ください。

受験申し込みに関する記事

上記記事をご確認いただければ、購入方法などすべてご確認いただけます。

まずはここから始めないことには受験も何もできないため、最初の関門です。

たまに、本当に忘れてしまう人も見かけられます。勿体ないですね…。

また、受験日の確認ということで、下記の記事もございます。
土木以外の施工管理技士についても記載しているため、建築や電気工事など、他の試験を受験予定の方など、合わせてご確認ください。

試験日に関する記事

1級土木施工管理技士の過去データに関する記事

当ブログでは、皆さんが気になるであろう合格率と受験の難易度について、記事にしています。

合格率に関する記事

難易度に関する記事

過去の傾向を掴むことはとても重要です。

なぜなら、試験の多くは過去問に準拠したものであるからです。

私自身、1・2級の土木施工管理技士と電気工事施工管理技士を所有しており、それぞれ10年分(計40年分)勉強してきましたが、間違いありません。

現在は、過去の出題傾向を凝縮したテキストや問題集があるため、それを利用しない手はありません。
宜しければ、ご確認ください。

問題集やテキストに関する記事

1級土木施工管理技士の学科試験に関する記事

試験の最初の関門は、学科試験です。
ここを合格してようやく二次試験の「実地試験」の受験資格が得られます。

オススメはやはり過去問ですが、その理由は下記記事を参照ください。

学科試験の攻略・対策に関する記事

合格率は悪くはありませんが、甘くみていると痛い目に遭うことは必至です。

計画立てて勉強を積み重ねましょう。

1級土木施工管理技士の実地試験に関する記事

実地試験が最後にして最難関の鬼門です。
人によっては、何度も不合格となる方も多いでしょう。

ですがこちらを確認いただくことで、合格率がグンと高まること間違いなしです。

実地試験の攻略・対策に関する記事

そして何より押さえておきたいのは、施工経験記述問題の書き方ではないでしょうか。
下記には、例文も交え解説しています。

施工経験記述問題に関する記事

受験後は、真っ先に受験に関する情報を得たいですよね。
今後の試験後は、このようなものを利用してみてはいかがでしょうか。

実地試験受験後の速報に関する記事

信頼される会社からの解答試案を知りたい場合は、こちらをどうぞ。

実地試験の解答試案に関する記事

最後は、合格発表についてです。

必ず、試験主催元のサイトにて合否確認をしましょう。
「落ちた…」と思っても、最後の最後までどうなるかわかりません。確認は大事です。

合格発表に関する記事

終わりに

これまでの記事をフル活用していただければ、合格は間違いないです。

ですが、要領をつかんだとしても、勉強はきちんと継続しましょう。

しっかり勉強できていれば、合格は決して何度が高いものではありません。
1番の敵は、自分自身です。

  • 疲れたから、1日くらい休むか

という気持ちが起きて、1回でも本当に休んでしまうと、サボり癖がつきやすくなったりするので注意です。

受験をすると腹を決めたのなら、その気持ちをどうか継続してください。
その熱意があれば、合格は大丈夫です。

そのようなことを願いつつ、皆様のお役に立てること信じ、本記事を終了します。