Shoji

【異業種でもOK】施工管理経験した人はどんな業界でも活躍できる【自信を持とう】

働き方 建設

本記事をお読み頂いている方の多くは、数ある職種から施工管理の道に進んだ方々かと想定しています。

私自信も施工管理の道を進む者としてよくわかるのですが、施工管理ってめちゃシンドイですよね。

代表的な理由としては下記の通り。

  • きつい
  • 汚い
  • 危険
  • 休みない

という訳で、私自信は心からオススメとは言えなかったりもします。

ですが、施工管理で鍛えられた者は、その道を突き進むにせよ、異業種に転職するにせよ、社会的には優秀な人材として成長されている可能性が大だと感じています。

いま、施工管理を生業としつつも転職しようか悩んでいたりしている方が少なくないと思います。

最終的にはご自身の考え次第ですが、上記のような悩みをお持ちの方になんらかのヒントになればと思い、施工管理に関する思いを書いていきます。

施工管理の経験で異業種でも活躍できる理由【自信を持とう】

握手をする人達
施工管理の仕事ができる人は、それだけでいわゆる「管理職」と同等の能力を持っていると考えます。

施工管理はそもそも「管理職」

そもそも、施工管理って施工を管理する者ですよね。

何を管理しているかと言えば、下記の通り

  • 安全管理
  • 工程管理
  • 品質管理
  • 原価管理

他にいろいろなものを管理しているかと思いますが、大半は上記の4つを管理していることでしょう。

こんなにできるなら、どんな企業に行こうがあっという間に管理職になれます。

施工管理は営業でもある

施工管理で避けて通れないのが、発注者との仕事の打ち合わせです。

発注者の悩みや考え事を察し、その解決方法や提案を持って解決に向かう行為は営業にも通じる物があります。

時にはその解決にかかる費用を算出し、お金を引っ張り出すこともしますよね。

施工管理を長く続けるほどに、お客様対応の心構えや技能が高まっているはずです。

人前で怖気付かない

施工管理をするにあたって他者に指示を出したり、大勢の前でスピーチ(朝礼時など)することなんて日常茶飯事です。

これに関しては個人差がありますが、施工管理を長く続けている人ほど、堂々とした佇まいで話すことができると思っています。

決断力に長ける

施工管理をする物ならばわかると思いますが、発注者や自社内、下請などからの様々な要求・要望に対して決断しなくてはなりません。

施工管理をしている方の中には、1つの決断で何千万、何億、何十億ものお金を動かした人だって少なくないと思います。

決断した数だけ、あなたは確実に成長しています。

総合的に見て、有能

私が社長なら、施工管理を経験した物が転職にやってきたとなれば、それだけで「優秀な人なんだな」と考えるでしょう。

同業者ひいきをしている訳では無く、事実として、施工管理ができる人は優秀な人だと思っています。

施工管理を続けるべきか【異業種は輝いて見えるもの】

窓の外を眺める男
まず最初に、ツライの原因が何なのかを洗い出すことが重要です。

施工管理をツライと感じる理由とは

施工管理は、シンドイですが、その理由をきちんと考えたことはありますか?

  • 給料が低い
  • 休みがない
  • 人間関係が悪い
  • とにかくキツい

その他にも色々あると思いますが、どうして施工管理がシンドイのかをしっかりと認識しないといけません。

何がキツいかで、どうするべきかも変わってきます。

ツライのは施工管理だけではない

実は施工管理だけではなく、色んな業種の方が「今の仕事がツライ」と考えています。

世の中の仕事の大半は、シンドイものです。

施工管理を辞めたい理由が、「異業種が良く見えるから」であれば、ちょっと考え直した方が良いかもしれません。
あなた自身、「よく見える業種」について、どれだけ調べましたか?

仮に転職したとして、数ヶ月後に「転職しなきゃよかった」となってしまっては、意味がありません。

イメージだけで施工管理を辞めたり、異業種に転職しても悪い方向へ転がってしまう可能性が秘めています。

施工管理を辞めなくても、シンドイが解消できることもある

施工管理はシンドイですが、人が少なく、重宝される職種でもあります。

異業種では無くても、同じ施工管理業界で転職して環境改善できた人も大勢います。

悲しいことに、どんな業界でもいわゆるブラックな会社は存在します。逆を言えば、少なからずホワイトな会社があるのも事実。

ここも明確にしておかないと、どこに進んでも不幸になる可能性が大です。

シンドイ理由を明確にしよう

あなたがシンドイと思うのは、施工管理という職種ですか?それとも、今の会社ですか?

自分の胸に、頭に、もう一度問いかけてみて下さい。

シンドイの理由がわかれば、どうするべきかがわかるはずです。

なお私は、施工管理を辞めることが悪だとは思いませんし、素晴らしいことであるとも特別に思っていません。

大事なのは、自分がどうしたいか、正直になることだと思っています。

自分がどうしたいかは、あなたの心の奥に正解があるはず。
その心に正直になってみてはいかがでしょうか。

自分の中のアンテナを広げよう【全業種に通用するために】

通信鉄塔の並び
施工管理・異業種にこだわらず、自分の価値を高め続ける必要があります。

現状維持は退化と同じです。時代は目まぐるしく進歩しており、現状という者は常に過去のものになるからです。

ニュースを追ったり、本を読んだり、新しいコミュニティに属してみたりすることで、様々な業種の中身が見えてきたり、印象が変わってきたりするでしょう。

本を読もう

特に本を読むことはオススメです。
短時間で、凝縮した情報が得られます。

転職を繰り返しつつ、着実にご自身の地位を高めてきたmotoさんの本は、サラリーマンだからこそ読む価値があるかと思います。
現在の自分を見つめ直し、どう進めば良いのか考えてみるきっかけになると思います。

寿命100年時代、あなたはどう生きますか?という問いに、あなたならなんて答えますか?ベストセラーとなったこの本で、人生を考え直すのも悪くはないと思います。

created by Rinker
¥2,499 (2020/10/25 22:08:52時点 Amazon調べ-詳細)

ホリエモンこと堀江貴文さんについては良くも悪くも目立つ人ですが、だからこそ多動力のエッセンスは参考にして損はないかと思っています。

【最重要】本業を疎かにしないこと

 施工管理がシンドイと言えど、その本業を疎かにして手を抜いたり、ばっくれたりしてはNGです。

今担当していることをきちんと全うしつつ、自分にとっての有益な情報を注ぎ込むことを掛け合わせることを目指しましょう。

そうすることで、今後どうするべきかがよりはっきりと見えてくると考えます。

もしかしたら、施工管理がより楽しくなってくる可能性もゼロではありません。

何事も、一生懸命やっている人にこそ、成功は訪れます。

アンテナをしっかりと広げ、様々な可能性を逃さないように働きましょう。

その結果、あなたにとって最良の選択が見えてくるはずです。
その時まで、お互い頑張りましょう。