Shoji

JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカード到着【特典や年会費も確認】

生き方

2019年1月末、私の元に、JCB THE CLASS(ザ・クラス)のカードが届きました。

2016年にゴールドカードを所有してから、ここまでおよそ3年の月日が流れました。

ザ・クラス契約前は、高額な年会費にも躊躇しましたが、せっかくの招待だったので、思い切ってJCB THE CLASSを所有することに決めました。

実際に届き、手に取ってみると、その美しさに「所有してみてよかった」という気持ちが強くなりました。

さて、本記事をご覧いただいている方々は、少なからずJCB THE CLASSについて興味を持っているのではないかと考えております。

ここでは、実際に受け取ったJCB THE CLASSのカード外観を紹介するとともに、JCB THE CLASSの特典や年会費といったものも確認してみたいと思います。

本記事が、JCB THE CLASSを現在目指していたり、これから目指す予定の方々に何らかの情報提供をできれば幸いです。

目次

  • JCB THE CLASSの外観【黒+金の高級感】
  • JCB THE CLASSの年会費・特典の確認
  • JCB THE CLASSを目指しませんか?【最速手順も公開】

JCB THE CLASSの外観【黒+金の高級感】

JCB THE CLASSのカード内容

手元に届いたJCB THE CLASSのカードを紹介します。

封筒はこのような感じです。

JCB THE CLASSの封筒

JCBロゴの金の箔押しが高級感を押し上げていますね。

JCB THE CLASSの封筒のロゴ

封筒の裏は、下の通り。

JCB THE CLASSの封筒の裏側

郵送で届く都合、封筒は汚れるものですね。私が汚したわけではありませんので…念のため。

とは言え、封筒なので大丈夫です。

封筒の中身はこちら

まずはカードがこちら。
JCB THE CLASSカード表面

直前まで所有していた「ゴールド・ザ・プレミア」も結構気に入っていたのですが、このザ・クラスも素晴らしい。

JCB THE CLASSのゴールド文字が、光で斜めに反射するようになっているのがとてもキレイです。

なお、ロゴはこの通り。
JCB THE CLASSカード表面のロゴ

中心から放射状に加工されたゴールド刻印が印象的で、こちらは十字に反射するのが高級感を感じさせます。

なお、ロゴがゴールドなのは、JCBカードの中でもこのJCB THE CLASSのみです。

明らかに他のカードとは高級感や洗練さ、所有する喜びが区別されたカードだと感じました。

また、封筒の中には、一緒に規約などが書かれた書類が同封されていました。

このような専用ケースに入っています。とてもゴージャス。
JCB THE CLASSカード同梱品

JCB THE CLASSをApple Payに登録してみた

私はiPhoneを所有しているため、Apple Payをよく使用しています。

ザ・クラスも早速取り込みました。
JCB THE CLASS のApple Pay

iPhone画面上でもしっかりと「ザ・クラス」であると区別されました。

JCB THE CLASSを所有してみませんか?

紹介した通り、券面をみるだけでも高級感があり、他社が見ても間違いなく「そのカード…只者ではないな」と感じてくれると思います。

見栄を張ることを推奨しているわけではありませんが、このカード1枚で所有者の権威性を高めることも可能でしょう。

JCB THE CLASSは、大金持ちでなくても、社長などの役職や肩書きがなくても、誰でも所有するチャンスがあるカードです。

これより紹介する特典なども考慮して、加入してみることもご検討されてみてはいかがでしょうか。

JCB THE CLASSの年会費・特典の確認

ハートを手に持つ人

JCB THE CLASSの年会費、特典を確認してみます。

私自信、完全に把握しているか分からないため、書き出しつつ皆さんにもご理解頂けるようまとめました。

年会費

まず気になる年会費ですが、下記の通り。

  • 年会費:55,000円

高額ですね。

JCB THE CLASSのカード維持だけで、毎年55,000円も支払い続ける必要があります。

私自信、ひとまずGETしてみましたが、いつまで継続するかは未定です。

JCBザ・クラスの特典1:基本サービス

ここからは特典の案内です。

まずは、基本的な内容を紹介してみます。

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

JCB THE CLASS会員専用のザ・クラス・コンシェルジュデスクは、下記のようなものを「自分自身に変わって」行ってくれる素晴らしいシステムです。

  • 宿泊施設の予約
  • 交通機関(列車、航空機など)の手配
  • レンタカーの手配
  • エンターテイメントに関する予約・相談

上記の通りです。

なお、エンターテイメントに関する予約・相談とは、ゴルフ場やコンサートチケット、レストランなどを指します。

どんな要望でも、可能な限り、対処してもらえます。

自分に秘書がついたと言っても過言ではないでしょう。

上手に利用すれば、これほど心強い特典はないでしょう。

トラブル発生時なども、ここに相談するとどうにかなってしまうこともあるかもしれません。

ザ・クラス・メンバーズセレクション

ジェーシービー様で厳選されたアイテムの中から、年に1回好きな商品を選べるという特典です。
毎年3月頃、届けられるとのことです。

各種保険保険

様々な保険が付与されています。
内容としては、下記の通りです。

  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
  • シュッピングガード保険
  • ゴルファー保険

JCBザ・クラスの特典2:旅行関連

保険以外の旅行に関する特典として、紹介します。

プライオリティパス

世界約130の国や地域、約500の年で約1,000箇所の空港ラウンジを無料で利用可能となるパスです。

なお、プライオリティ・パスのサービスは、プライオリティ・パス社のホームページをご参照ください。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港、ハワイ・ホノルルの国際空港内にあるラウンジを無料で利用可能です。

なお、同伴者1名まで無料です。

JCB Lounge京都

京都駅ビル内に、JCBザ・クラス会員が利用可能な「JCB Lounge京都」があり、そちらを利用可能です。

なお、同伴者1名まで無料です。

JCBプレミアムステイプラン

JCBザ・クラス会員向けに、特別価格で宿泊できる「スイートルームプラン」「スペシャルプライスプラン」を利用可能です。

海外ラグジュアリー・ホテル・プラン

海外のラグジュアリーホテルに、「特典付き」で宿泊可能です。

なお、ここでの特典とは、部屋のアップグレード、朝食サービスなどを指します。

海外クルーズ優待サービス

クリスタル・クルーズさまによる、高級クルーズに優待され予約することが可能です。

JCBザ・クラスの特典3:グルメ関連

グルメ・ベネフィット

国内レストランにおいて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料となるサービスです。

【注意】対象店舗が決められており、どこでも使えるわけではありません。

ダイニング30

全国の対象店舗で事前に予約・専用クーポンを使用すると、料金が30%オフになります。

JCBザ・クラスの特典4:エンターテイメント

東京ディズニーリゾート特別情報

JCB THE CLASS会員向けに、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー内で利用できる予約制の場所を使う権利が与えられます。

東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ

ディズニーホテルの宿泊と、初日から2つのパークを自由に行き来できる特別なパークチケットやファストパス・チケットをセットにした、JCB THE CLASSオリジナルの宿泊プランがあります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・JCB LOUNGE

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」施設内に設置されたJCBラウンジでは、アトラクションの優先搭乗などのサービスが提供されています。

ゴルフサービス

有名コースでのゴルフコンペの開催や、全国約1,200箇所のゴルフ場の手配をお願いできます。

チケットサービス

コンサートや演劇、イベントなどの先行受付や割引などの優待付きチケットを利用することが可能です。

JCBザ・クラスの特典4:生活

ドクターダイレクト24(国内)

医師・保健師・看護士などの相談スタッフが、健康・医療・介護・育児・メンタルヘルスなどに関する相談に細かくアドバイスしてくれます。
通話料、相談料は、無料です。プライバシーは厳守されます。

暮らしのお金相談ダイヤル

日常生活にまつわる税務・年金・資産運用についての相談を、専門スタッフに電話で相談可能です。
さらに希望により、税理士やファイナンシャルプランナーに直接電話相談も可能です(予約制)
相談料は、無料です。

ゴールドフラワーサービス

指定先に、花を届けることが可能です。

JCBザ・クラスの特典をフル活用しよう

いかがでしょうか。「これはいいかも」と思った特典はありましたか?
私自身は、

  • ザ・クラス・コンシェルジュデスク
  • ドクターダイレクト24

のような、相談可能なサービスが意外と良いのでは?と思っています。

ザ・クラス・コンシェルジュデスクでは、例えば食事会のための会場手配、土地勘のない場所での宿泊先や交通機関の手配など、役立ちそうですね。

ドクターダイレクトでは、家族の心身の変化に合わせて相談することも可能ですし、自分自身のことについても病院に行かずとも相談できるのも素晴らしいと考えます。

私は、年会費を納めれば正当に利用できる制度なので、恥ずかしがらず、遠慮せず、使用していきたいと考えます。

JCB THE CLASSを目指してみませんか?【最短手順も公開】

これまでに、JCB THE CLASSについて色々とお知らせしてきましたが、皆さんもこのカードを目指してみませんか?

ブラックカード=最高位カードを所有する優越感や喜びを得たいという方は、いつの時代にもいらっしゃるかと考えます。

そのような方々のために、私がアドバイスできる点として、数点ご紹介します。

とにかく最速GETしたい方【プラチナカードから始める】

JCBプロパーカードには、ゴールド以上のカードは下記の通りのランクがあります。

  • JCBザ・クラス
  • JCBプラチナ
  • JCBゴールド・ザ・プレミア
  • JCBゴールド

私自身、これまでの経緯をご覧いただければお分かりかと思いますが、JCBゴールドからはじめ、ザ・クラスに到達しました。

その間、3年です。

ですが、もしこれからJCB THE CLASSを最短で目指すのであれば、ワンランク下のJCBプラチナから始めるのが良いでしょう。

プラチナからザ・クラスへの切り替えまでに何年を要するかは定かではありませんが、条件さえ整えば1年後にチェンジすることも可能かもしれません。

JCBプラチナは招待制ではなく、申込制ですので、誰にでも入会のチャンスがあります。

ですが、ザ・クラスの下位といえど、JCBプラチナは権威性の高いカードでもあり、審査は厳しめであると判断します。

ご自身に自信がある場合は、ここから初めてみてはいかがでしょうか。

JCBプラチナカードの詳細については、詳しくは下記リンクをご参照ください。

最もスタンダードな方法【ゴールドカードから始める】

「プラチナカードの敷居が高い…」

とお考えの方は、ゴールドカードから初めてみてはいががでしょうか。

ゴールドカードからクレジットカード使用実績(通称クレヒス)を積み重ねれば、自然とJCB THE CLASSに到達するでしょう。

私も、この方法でJCB THE CLASSインビテーションに到達しましたよ。

一般的に、ゴールドカードでも十分にステータス性が高いカードです。

また、ゴールドカードの一つ上のランク、「ゴールド・ザ・プレミア」のカードデザインは非常に美しく、所有の喜びがあります。

これは、初回からプラチナカードを作成した方には味わえない醍醐味ですね。

CB THE CLASSは欲しいけれど、まずはJCB ORIGINAL SERIESのカード特典を気軽に試してみたい

という方にも、ちょうど良いカードだと考えます。

JCBゴールドカードの詳細については、詳しくは下記リンクをご参照ください。

カードは所有するだけではなく、使用しましょう

当然ですが、JCB THE CLASSに至るためには、所有するだけではNGです。

JCBのカードを使用し続けて、ジェーシービーさまとの信頼を積み重ねましょう。

使用することは大事ですが、当然、返済滞納は超NGです。

クレヒス作りのために無謀な買い物をし、返済に四苦八苦してしまっては本末転倒です。

信頼を築くには時間がかかりますが、返済の延滞などで崩れるのはほんの一瞬です。

JCB THE CLASSカードを目指すのであれば、カードのご利用は計画的に。

そして、本気で「ザ・クラス」を目指す方は、本記事の内容が何らかの参考になれば幸いです。

参考記事

JCB THE CLASSのインビテーションが届いたときの記事もございます。合わせて、ご確認ください。