Shoji

タグ:仕事術が付いている記事一覧


働き方 生き方

「わかりやすい話し方」や、「心を動かす話し方」は、難しくありません。コツを覚えれば、誰でもできます。ここではそのような話し方ができるようになるためのテクニックとして、これまでこのブログで紹介した内容ををまとめて紹介します。

働き方 生き方

人を惹きつける魅力ある話し方とは、ただ単に面白い話をすれば良いわけではありません。思想に賛同・支持してもらうためには、「影響力」が必要不可欠です。優れたリーダーには圧倒的なカリスマ性がありますが、実は誰しもがカリスマ性の高い話し方をすることが可能です。その方法を、とある理論を用いて解説します。

働き方 生き方

話し方のテクニックとして、ビジュアライズ(visualize:視覚化する)というものがあります。とても重要かつ、極めれば最強のテクニックとなり得るポテンシャルを持っています。人というのは心が動かないと、基本、行動に移しません。このビジュアライズは人の心を動かし、感動させる力を秘めたテクニックです。

働き方 生き方

プレゼンテーションで他者に何かを伝えたい場合、メリットとなるものばかり話していませんか?何事も少なからずデメリットとなるものがあるはずですが、それを伝えるのは勇気がいることかもしれません。ですがあえて伝えることで、聞き手に深く突き刺さる内容となる場合があります。ここではデメリットを上手に話す方法を解説します。

働き方 生き方

ビジネスなどで「結論から先に話せ」と教えられた方が多数いるかと思いますが、何でもかんでも結論を先に持ってくる必要はありません。むしろ、結論を後出しにするからこそ、話の過程で聞き手の期待や興味を大きく膨らませることができます。「面白い話し方」や「心を掴む話し方」を目指すなら是非とも覚えておきたい内容を、ここで解説します。

働き方 生き方

聞き手が興味深く、面白い話し方をするためには、「文章の型」を意識し、それに当てはめ話すことが近道です。話しというのは、ストーリー(物語)が重要です。ストーリーがあるからこそ面白さが際立ち、続きが気になったりするものです。ここでは、それを実現させるためのテクニック【ストーリーフォーミュラ】について解説します。

働き方 生き方

伝えたはずなのに覚えられていないことや、教えられたのに覚えられないこと、割とあると思います。話し手の立場から、記憶に響く伝え方のヒントをここでは解説します。「1回の会話で1つのアクションを」をヒントに、短期記憶に響く方法を繰り返し、長期記憶として定着するよう、根気強く繰り返すことも必要です。