タグ:土木施工管理が付いている記事一覧


施工管理

2級土木施工管理技士の実地試験のうち、ご自身の施工経験の記述を書きしたためる「作文」が鬼門となっている方もいらっしゃるでしょう。ここでは、作文のためのヒントを洗い出してみましたので、ぜひご参考にしてみて下さい。過去問の解析により、安全・品質・工程・環境の4本柱が重要とわかります。その内容について、解説しています。

施工管理

令和元年度1級土木施工管理技士の実地試験が、2019年10月6日(日)に実施されました。本記事では、ネット上に書かれた「受験者さまが試験を受けた後の率直な感想」などを拾い集めてみました。お疲れでしょうが、試験の難易度が難しいものだったのか簡単なものだったのか、気になりますよね?その辺りをまとめましたので、ご覧下さい。

施工管理

1級土木施工管理技士の実地試験のうち、施工経験記述=作文において、どのように書けば「採点者が合格と認める内容」となるかを解説します。大切なことは【記述テーマを守る】と【脳裏に具体的な情景を思い浮かばせる】ことの2点です。

施工管理

2級土木施工管理技士の資格を目指す方のうち、学科試験に臨む方向けの内容です。勉強前に出題傾向を掴み、どこを重点的に得点を稼いでいくかを知っているか知らないかでは、勉強効率が違ってきます。ここでは、試験問題構成を確認しつつ、どの分野に重点を置いた勉強計画を立てるかについて解説します。

施工管理

2級土木施工管理技士の資格を取得すれば、業界にとって非常に価値の高い人材になることが可能です。なので、土木の道を進む方の多くにこの資格を習得して頂きたいです。ここでは、2級土木施工管理技士の資格習得の効率的な勉強方法について、実体験を元に解説します。なお、令和元年(2019年)は10月27日が試験日ですのでお忘れなく。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級土木施工管理技士の実地試験が行われます。今年、学科試験を合格した方や、昨年、残念ながら不合格となり再チャレンジする方も、まずは試験問題の傾向をしっかり頭に入れる必要があります。ここでは実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

施工管理 資格

2019年7月7日は、年に1回しかない一級土木施工管理技士のための試験、【一級土木施工管理技術検定】の学科試験が実施されます。試験日まであまり時間がありません。最後の追い込みに向けて学習が忙しいでしょうが、試験の注意事項をまとめましたので、勉強の合間にでも確認してみて下さい。

施工管理

もうすぐ、1級土木施工管理技術検定の、学科試験日です。日曜日ですが、気張って受験に臨んで頂きたいと思います。ここでは、学科・実地のそれぞれの試験日や勉強法について、解説していきます。受験をする予定で忘れている方は、ここで思い出してもらえれば幸いです。