タグ:施工体制台帳が付いている記事一覧


法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。「国民皆保険」ではありますが、健康保険の種類は様々です。保険の種類を調べ、正しく保険番号を入力する必要があります。どこを確認すれば健康保険番号がわかるのか、そこも解説します。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。厚生年金保険「雇用保険」適用事業かどうかも含め、正しく保険番号を入力する必要があります。どこを確認すれば厚生年金保険番号がわかるのか、そこも併せて解説していきます。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。所属する会社において、そのようなデータが自社のどこに保管されているかわかりますか?ここでは、社会保険のうち「雇用保険」にスポットを当てます。どこを確認すれば雇用保険番号がわかるのか、解説していきます。

法令

施工体制台帳で社会保険加入状況を確認する理由をご存知ですか?その理由を解説します。2012年(平成24年)に建設業法施行規則が改正され、施工体制台帳に社会保険の加入状況を明記することが必須となりました。2019年(令和元年)では社会保険未加入の会社はほぼいないと思いますが、ゼロではないかもしれません。

法令

施工体制台帳と聞くと、気が重くなる方もいるかもしれません。ですが、工事現場全員の安心安全な作業を保証する大事な書類となるため、必ず遅延なく作成・提出しましょう。ここでは、なぜ施工体制台帳を作成するのか、なぜ施工体制台帳が必要とされるのか、わかりやすく、明確に解説します。

法令

施工体制台帳についていまいちわからないという方のために、建設業法に関連した「建設業法施行規則」に記載されている施工体制台帳の内容・必要書類について解説します。最新版様式のある場所も紹介しております。建設業法施行規則に準じた内容を網羅し、適切な書類を準備しましょう。

法令

施工体制台帳をご存知でしょうか?適正な施工を確保するため、必要に応じて工事現場で保管される、建設業に関わる書類のことです。建設業に関わることであるため、当然、建設業法にもその旨の記載があります。ご存知でしたか?ここでは建設業法と施工体制台帳の関係を解説します。

建設 法令

施工体制台帳は建設業に欠かせない書類です。国の方針などで変更があった場合、きちんと対応されていますか?平成31年4月1日にも変更があり、私はそれに気づけませんでした。皆さんも、もしかしたらご存知ないかもしれないため、ご確認をお願いいたします。