Shoji

タグ:1級管工事施工管理技士が付いている記事一覧


施工管理

1級管工事施工管理技士の実地試験の合格発表が、2020年(令和2年)2月に行われました。受験された方は、お早めに確認しましょう。本記事では発表場所の紹介と、合否確認後の行動について解説しています。

施工管理

2020年となり、早速ですが施工管理の資格についてです。1月から3月の間は、これまでに実施してきた施工管理の各種試験の合格発表日がたくさん待ち構えております。ここではそのスケジュールをまとめましたので、ご参考にしてみてください。合否確認後どうすれば良いかも、ちょっとだけ解説しています。

施工管理

令和元年(2019年)12月1日は、1級電気通信工事施工管理技士・1級管工事施工管理技士・1級造園施工管理技士の実地試験が行われました。1日経ち、各種試験の問題が公表されましたので紹介します。なお、解答については試験主催元では公表されないため、要注意です。

施工管理

令和元年度一級管工事施工管理技士の実地試験が、令和元年(2019年)12月1日(日)に実施されました。受験された皆様、お疲れ様でした。ここでは受験後にすぐにできることとして、同じ受験者さまが発信する各種情報の収集方法をご紹介します。合格発表日まで色々と不安でしょうし、今わかることを収集してみてはいかがでしょうか?

施工管理

1級管工事施工管理技士の実地試験において、施工経験記述問題は合格のために重要な要素となっています。こちらを丁寧に書けるよう対策を十分に行い、高得点を目指しましょう。ここでは施工経験記述対策として、1級管工事施工管理技士の過去問を基に各種記載内容例を紹介いたしますので、ご自身の作文の参考としていただけましたら幸いです。

施工管理

1級管工事施工管理技士の実地試験の対策として、過去問を元に対策方法を記載しましたので、どうぞご活用下さい。オススメの参考書などについても記載しています。

施工管理 資格

令和2年度(2020年度)の建築・土木・電気工事・電気通信工事・管・造園・建設機械、各種施工管理技士の試験日(学科・実地)をまとめました。施工管理技士の需要は年々高まっています。スケジュールを早いうちから組み、試験対策を始めましょう。