Shoji

【江頭2:50】YouTubeエガちゃんねるから見るこれからの働き方【自分が輝ける環境を手に入れる】

GAFA 働き方

「1クールのレギュラーより、1回の伝説」

という誓いを立て、体や時には命を張った芸風で、様々な方面に笑いや恐怖、気持ち悪さを巻き起こす芸人、江頭2:50さん。

そんな彼が、2020年2月1日にYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」を開設したというニュースが日本を騒がせました。

近年、芸能人がYouTubeに流れつつあるのは珍しいことではありませんが、江頭2:50さんの場合はちょっと勢いが違いました。なんと、チャンネル公開後9日で、チャンネル登録者数が100万人を超えました。

これは異例のことであり、下記ツイートをご参照いただければ、かなりすごいことだとご理解頂けるのではないかと思います。

嵐に次いで第二位という、ものすごい記録を叩き出してしましました。これはまさに、伝説級。

なお、チャンネル登録というのは、大雑把に言い換えると、チャンネルの支援者=ファンと変換しても良いかもしれません。
チャンネル登録者数100万人になれば、元SMAPの草彅剛さんと共演する公約をしており、それが拍車をかけたと言えど、この速さは異例です。

今まで主にTVでの活躍がメインであった江頭2:50さんが、YouTubeにチャレンジするというその姿勢が、とても素晴らしいことだと私は思っています。

今回は江頭2:50さんと、この伝説級のYouTubeチャンネルの背景を探りつつ、そこから我々の「働き方」の参考となる要素を考察しつつ、解説していきたいと思います。

誰にでも等しく「楽しく働く」チャンスは転がっているはず。

今、働き方に迷っていたり、将来を悩んでいる方に、参考となれば幸いです。

目次

  • 江頭2:50という人物を探る【嫌われ者か人気者か】
  • 江頭2:50とYouTubeの相性の考察【エガちゃんねる100万人到達】
  • 江頭2:50とエガちゃんねるから見るこれからの働き方【自分に当てはめる】

江頭2:50という人物を探る【嫌われ者か人気者か】

江頭2:50

まず最初に、チャンネルの内容よりも「江頭2:50」という芸人がどのような人なのかを調べてみましょう。

詳しくはWikipediaに記載されていますのでそれを見ればよしということになりますが、本記事の趣旨のキーワードとなるような点のみ抜粋したいと思います。

江頭2:50さんは、「嫌いな芸人」なのか

江頭2:50さんは、世の中には「嫌いな芸能人」として、広く知られています。

その理由としては、下記の通り。

  • 『日経エンタテイメント』 嫌いな芸人ランキングにて第一位
    (2002年 – 2010年、2014年 – 2015年)
  • 雑誌 『anan』 嫌いな男ランキングにて第一位
    (2000, 2006 – 2008年)

「芸人」としてだけではなく、「男」としても嫌われていることがわかりました。

そしてこの結果が、テレビなどで拡散されていた訳ですね。

確かに、江頭2:50さんの見た目は上半身裸で、黒タイツ。行動は破天荒な芸風でなりふり構わず笑いを取りに行くスタンスで、時には脱いだりするので、特に女性の方には嫌われる(苦手と思われる)のも仕方がないかもしれません。

ですが、「嫌われる」ということは悲しいことですが、ある意味「認知されている」ことには変わりありません。

芸能人においては、「あんた誰?知らないけれど」という状態が一番キツイのではないのでしょうか。

芸能人としては、認知されてナンボなところがあるので、ある意味このランキングは「オイシイ結果」だと思います。

少数派の「江頭好き」が世界を変える

確かに万人に受け入れられる芸風ではない(嫌いと思われても仕方がない)ですが、少数派かもしれませんが、そんな彼を面白いと思う人がいることも事実です。

実際のところ、「嫌われる芸人」の他に、下記のようなランキングで上位を取ったりもしています。

実績がこちら

  • iPhoneアプリ「江頭2:50 のオレが時計だ」
iTunes Appstore 総合(有料App)ランキング第1位
  • LINE公式スタンプ「江頭2:50」LINEスタンプランキング第1位(2014年6月)
  • Amazon figma 江頭2:50 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)ベストセラー商品ランキング第2位
  • Amazon 書籍『エガヨガ』ベストセラー商品ランキング(「ヨガ・ピラティス」カテゴリ)第1位
  • オリコンスタイル
改めて“行動力”があると感じた著名人ランキング第1位

  • シネマトゥデイ
エンタメ界のイケメン総選挙(2012年)第1位
  • 雑誌 『日経エンタテイメント』 好きな芸人ランキング 2014年 第7位

以上の実績、どうでしょうか。単純に「嫌われている芸人」であれば、このような上位ランキング入りは到底不可能だと私は考えます。

江頭2:50さんは芸歴が長く、1988年から活動をされています。

その中で、多数に嫌われつつも少数のファンをしっかりと掴み、活動初期からブレないその芸風で古参ファンを離さず、新規ファン獲得も続きてきたのだと考えます。

その結果、先ほどのランキングの通りの結果となったのでしょう。

「嫌よ嫌よも好きのうち」ということわざがある通り、嫌いと言っても名前を覚えてしまい、TVに出ればなんとなくみてしまう…という方は、少なくないのでは?と思います。それはもう、芸人としては江頭2:50さんの勝ちですね。

ここまでをまとめると、「江頭2:50さんは嫌い」と言われつつも根強いファンも多く、ブレない芸風で良くも悪くも「江頭2:50というブランド」が確立していることがわかります。

ブランドが確立し、「江頭2:50」という単語が世間で通用するということは、これは世の中に受け入れられた=少なくとも、比較的好まれている状態ではないかと考えています。

江頭2:50ブランドの謎を探る

江頭2:50さんのことを嫌いと思う人を好きにさせるため、媚びて芸風を変えたり(例えば、服を着るなど)せず、「ありのままの江頭」を受け入れてくれるファンに向けて芸を披露していく姿勢は、なかなか貫き通せるものではないと思います。

売れるために芸を変えたり、芸そのものをやめてしまったりする人が多い中、なぜ彼はここまでやり通すことができるのでしょうか。

彼自身、江頭名言として、以下のような言葉を発しています。

目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい
そのためなら警察に捕まってもいい 寿命が縮まってもいい

これは本人が「言ったことある」と自身のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」でも公言しております。

ここまでの覚悟を持ってお笑い芸人としての職務を全うしている人は、江頭2:50さんだけではないでしょうか。

ここまでの覚悟がある人にとって、世の中から「好き嫌い」と言われることなんて、本人にとっては大きなことではないのかもしれません。

そんなスタンスが、「江頭ブランドのファン」の濃さを高めることに一役買っているかもしれませんね。

そして、今回のYouTubeチャンネル最速100万人到達という伝説達成に至ったのかもしれません。

さて、このような江頭2:50さんの現状を考察することで、我々一般企業に勤める者においても「働き方とは何か」を考えるヒントがあるでは?と考えました。

これより以下にその考察内容を解説していきたいと思いますが、まずは江頭2:50さんとYouTubeの相性についても、まずは整理しておきたいと思います。

江頭2:50とYouTubeの相性の考察【エガちゃんねる100万人到達】

YouTube

さて、前項では江頭2:50さんが嫌われているのか好まれているのかを考察しましたが、結果としては「好まれている」方が多のでは?という考察に至りました。

そうでないと、YouTubeチャンネル登録者数100万人なんて、こんなに早く到達できるわけがありません。

ですが、決して「好まれている」ばかりではありません。嫌いな芸能人ランキングの傾向からも、未だ嫌われているのが現状でしょう。

ですが、YouTubeチャンネルが、江頭2:50さんの働き方を確実に良い方向へ変えると確信しています。

テレビという、既存の舞台からの脱却

大半の人は、これまで江頭2:50さんをテレビ番組で見ることが大半であったかと思います。

「テレビに出演する」とは、つまり、

  • テレビ局の意向で出演できるかどうか決まる
  • 求められる役割は、テレビ局が決める
  • テレビ局が、芸人の魅力を100%引き出せるかどうかは不明

など、制約のある中で活動しているところを見ている方が大半であると思います。

江頭2:50さんだけによりませんが、テレビの編集度合いで本来の意図とは違った伝わり方になったり、魅力が削ぎ落とされてしまったりということも、珍しくないでしょう。

そんな中で、芸能人が独自に「自分のやりたいことを発信できる」YouTubeへ流れいくのも自然の流れなのでしょう。

江頭2:50さんの、エガちゃんねる

江頭2:50さんの場合、彼の芸風はYouTubeとは相性が良いと考えています。

そもそも、テレビであまり見かけないが、ファンはYouTubeでは好きなだけ「江頭2:50」というコンテンツを堪能できるようになりました。

これだけでも、価値がありますね。

テレビ局ではスポンサーの意向だったり、番組プロデューサーの都合など、江頭2:50さんが取上げられることは少ないです。

それも、番組の主役級のポジションにて番組が作られる可能性は、ほぼゼロではないでしょうか。

ですが、YouTubeチャンネルの「エガちゃんねる」はどうでしょうか。

  • 江頭2:50さんが、主役。
  • 江頭2:50さんの得意分野・得意芸風で発信していく。
  • 江頭2:50さんが、組みたい人と共演する。(元SMAP草彅さんを指名)

など、彼がやりたいように、できるフィールドがここにはあるのではないでしょうか。

もちろん、自分のチャンネルを運営するリスクはあります。

  • 芸風が芸風なので、チャンネルが凍結(BAN)される
  • 仕事の企画から動画投稿まで、自分が責任を負う
  • チャンネルの質は、自分次第
  • 売上は、不安定(サラリーマンのような月収制ではない)

例えば、上記の通り。

ですが、芸人として覚悟が出来上がっている者に対し、それはナンセンスなリスクかもしれませんね。

江頭2:50とYouTubeの親和性【ニッチな層に届く】

さて、これまでをまとめると、以下のような答えが見えてきます。

  • テレビというステージでは歓迎されていなくても、YouTubeというステージで歓迎されることは大いにあること。
  • テレビ出演者とYouTubeチャンネル制作者という二者の立場は、権限が大きく違う。
  • 自分自身(江頭2:50)というブランドが強みを発揮する。

江頭2:50さんは、これまでの解説通り「江頭2:50ブランド」という自分自身の価値は高まり続けていましたが、テレビ番組という広く浅く取り扱われるメディアでは、その真価は見せきることができませんでした。

むしろ、その破天荒な芸風で「嫌いな芸人」にランクインしてしまう始末です。

ですが、戦いのステージを切り変えたことで、その芸風やブランド力を惜しみなく発揮できる環境が整いました。

今まで江頭2:50さんのファンだったけれど、「テレビに露出しないし、見かける機会が減って寂しい」と思っていた人が、YouTubeでたくさん見ることができるのです。

数ある芸人市場の中で、世間一般では江頭2:50さんはニッチな市場(ニッチ=隙間)に属するかと思いますが、YouTubeでは、そのニッチな層が「テレビのように番組が用意されているものを見る」のではなく、「自ら好きなチャンネルを見に来る」ということが当たり前なことになるのです。

つまり、江頭2:50さんが持つ魅力を期待している人の数だけ、江頭2:50さんは潤いますし、ファンはそのコンテンツを楽しめるという、Win-Winな関係が築ける訳ですね。

以上の点に関しても、江頭2:50さんを考察することで、我々一般企業に勤める者においても「働き方とは何か」を考えるヒントがあるでは?と考えられると思います。

次の項では、これまでを総括しつつ、我々の「働き方」について、考えていきたいと思います。

江頭2:50とエガちゃんねるから見るこれからの働き方【自分に当てはめる】

ソファに座り、飲み物をかざす男性

これまでの江頭2:50さんの働き方や、戦うステージの遷移を見て思うに、我々一般企業に勤める会社員にも学ぶべき点があると考えます。

その点を解説しつつ、「自分自身のより良い働き方」について、考えてみたいと思います。

自分自身の価値を高めよう【ブランド力の向上】

江頭2:50さんは芸人であり、「芸人の働き方」とはシンプルに、人に笑いを届けることだと考えます。

人を笑わせる方法・手段は多岐に渡りますが、江頭2:50さんの芸風は、万人が笑えるようなものではありません。

つまり、万人ウケするタイプではありません。

なので、売れて安泰な生活を送るには、芸風を変えて笑いを取りにいったり、嫌われる芸をしない道で頑張るという手もあったかもしれません。

ですが、それをあえてしなかったのは、「笑いのメインストリームで戦っても勝ち目がない」と思っていたからかもしれませんね。

芸人は日本だけでも沢山おり、テレビの雛壇に登壇してトークに花を咲かせるような人と戦い勝ち続けることは、結構しんどいはず。

その代わり、ひたすらに、がむしゃらに、1988年から2020年現在まで一貫した破天荒な芸風を崩しませんでした。

その結果、人の心を打ち時には驚きや感動を届けるまでに至りました。

芸だけではなく、東日本大震災の際には救援物資を積んで真っ先に被災地に行ったり、オリンピックの時には応援に行ったりと、もはや「金じゃない」そのスタンスに、根強いファンができるのも納得です。

そして「江頭ブランド」が出来上がる訳ですが、このブランド力、これは我々自分自身も身につけるべきものだと考えます。

自分自身に宿るブランド力を見つめ直そう

  • 行動力
  • 継続力
  • 知識・技術力
  • カリスマ性・人間力
  • 信頼

例えば、上記のような能力が、自分自身のブランド力につながると考えます。

二の足を踏むようなことも、率先して切り開く行動力。
何事も、継続は、力なり。
自らの職務の武器となる知識・技術力
人を統率するリーダーシップ、カリスマ性
人を惹きつける、魅力

これらは会社員でも、業務を遂行するうえで身につけることができるものです。

近年は副業ブームやリモートワークの発達で人と関わらずとも稼げる時代になってきましたが、まだまだリアルでの対人関係は重要視されています。

いわゆるインフルエンサーも、完全に引きこもっているわけではなく、ある程度の露出があってこそ、その地位を獲得していますね。

ブランド力向上のため、SNSを活用しよう

いち個人が全員と交流することは困難ですが、今はSNS全盛期です。
まずはTwitterInstagramなどを駆使しつつ、ネット上で「これまでにご自身が経験してきたもの」を発信してみると、行動力・継続力などが磨かれていきます。

自分にとって大したことなかった経験でも、世の中の誰かには、貴重な経験談となる可能性もあり。

そこで自分のことについての発信を継続することで信頼集まり、その結果、少し世界が変わるかもしれません。

さらに、SNS上級者は、時にはリアルに出会ってみたりすると、より深く人脈が形成されたり、新しい仕事のきっかけになるかもしれませんね。

ただし、オフラインでのリアルな出会いは、何が起きても自己責任でお願いします。

このように、自分自身のブランド力を高めていくということは、これからの時代、益々重要になってくると考えます。

「自分自身のブランド力が高い=替えが効かない=有能」ですからね。昨今、企業でもリストラが目立つようになってきましたが、会社の中でも競争はあります。会社に自分自身のブランド力を認めさせることも生き残る戦法です。

先ほどのSNSの話をしましたが、SNSでも有能だと思われている人は、「一緒に仕事してみるのもアリかも…」と、スカウトされることも珍しくないです。

自分自身のブランドを高めることで、自社・他社・その他の個人など、仕事だけではなく何らかの人生の転換となるようなものと出会う確率を高めてくれるというのは間違い無いでしょう。

江頭2:50さんも、本当に嫌われていたら「YouTubeやってみよう」なんて協力者が現れるはずありません。

彼のブランド力で「いける」と判断した誰かの協力があり、動画チームが組まれているはずです。

このように、自己ブランド力の向上は様々な恩恵があると、考察します。

ブランド力は、3つ以上あるとなお良い

自分自身の希少価値は3つ以上あると、それらを掛け合わせるとより希少性が増します。

例えば、

  • Aという資格がある
  • Bという資格もある
  • Cという資格もとった

となれば、A×B×Cの価値が、あなたにあるということになります。

A+B+Cのように足し算ではなく、掛け算であることがキモですね。

Aだけある・Bだけある・Cだけあるという人より、希少性がぐんと高まるため、あなたのブランド力は不動のものになりますね。

このように、自分の強みを重ね掛けできると、あなたというブランド力が高まります。

例えば、あなたは高所車が運転でき、フォークリフトも運転でき、タイヤショベルも運転できるとします。すると、資格を有する人をそれぞれ3名現場に呼ばずとも、あなた一人が現場にいてくれたら、工程次第では何とかなったりするかもしれません。その時点で、あなたは「替えのきかない人材」となります。

さらに希少な価値、例えば100人に1人位の価値を持つものを3つ持ったとします。
そうすれば、100分の1×100分の1×100分の1=100万分の1の価値を持つに等しいこととなります。

他者から100万分の1の希少性を認められた場合、あなたの地位は不動のものになるでしょう。

参考図書

この100万分の1の価値の考え方については、ホリエモンこと堀江貴文さんの本を参考にしております。賛否両論ある人ですが、本は一読する価値があると考えています。

戦うステージを変えてみよう

もし、今、自分自身の働くステージで成果が出ないと悩んでいる場合、働く環境を変えてみるのも全然アリだと考えます。

高校や大学を卒業後、18〜22歳あたりで60歳まで毎日楽しく企業で勤めきれるなんて、宝くじに当たるかそれ以上の幸運で、レアなことだと考えます。

また、今の企業が、ご自身が定年退職となるまで存続しているかどうかは、神のみぞ知ることです。

転職と聞くと憂鬱になるかもしれませんが、先ほど解説した「ブランド力」があれば、笑っちゃうくらい簡単に良い待遇の企業に転職できることもよくあることです。

ブランド力=特別なものと考えすぎなくてもOKです。例えば、資格を有しているなども、アドバンテージになりますね。希少資格を持っていたり、周りの人があんまり持っていない資格を持っていたりするステージに移れば、即戦力として非常に強力な武器となりますよ。

自らのブランド力を活かせるステージに移り、戦いやすいところで戦うのも人生を楽にすることとしては、逃げや卑怯な手段ではなく、正しく、効率的で、人生が楽になると考えます。

今のステージが本当に働きやすいステージなのか、それとも他にそのようなステージがあるのか、ご自身のキャリアを積み重ねた中で、見えてくる世界があると思います。

時期が来たら、今いるステージに固執せず、乗り移ることも念頭に入れると良いのでは無いでしょうか。

江頭2:50さんは、50歳を超えてYouTubeを始めました。何歳からでも遅くは無いし、環境を変えることは怖くても、誰でもできるはず。

まとめ:これからの働き方について

これまでのまとめとして、

  • ブランド力を高める
  • 戦うステージを見直す

という点から、今の働き方を見直し、これからの働き方を考えてみました。

私自身、今の会社でもそれなりに希少性を高めている自負はありますが、それでも他の業種の働き方や、Twitterなどで見かける有益と思われる情報から独自に勉強を進め、さらに働きやすい環境を模索していたりします。

トヨタをはじめ、大手企業が終身雇用の終焉を宣言している中、もはや企業というブランドに自分の価値を預けることはリスキーな時代となりました。

それよりも、自分自身というブランドを見つめ直し、

  • 何をしてきたか
  • 何ができるのか
  • 相手(企業)に利益をGiveできる強みは何か
  • 誰にも真似できない自分の強みは何か

といったような、個人の価値を高めるべきと、私は考えます。

その結果、どこの企業・組織でも重宝される人材となるはず。

また、その過程で雇用という戦うステージの選択肢が増えることは、素晴らしいことだと考えます。

環境の変化は厭われる傾向にありますが、今後はそれが普通になる世の中となるかもしれません。

早いうちから、できるうちから、やれることをどのようにやるのか。

  • ブランド力を高め、突き抜けた存在に近づけるよう善処する
  • その過程で見えてくる、他フィールドと自分の相性の見直し

江頭2:50さんのYouTubeチャンネル開設からこれまでの動向を見て、このようになりたいと思いつつ、それがこれからの働き方に必要な要素であると考察しました。

これから先は、あとは自分次第であるし、人それぞれのやり方があるかと考えます。
ここまでお読みいただいた皆様ご自身にとって、どのような働き方が幸せとなるのか。

その答えに近づくヒントになることを祈りつつ、本記事を終了します。

参考:自分自身の価値を、客観的に見つめ直すには

自社の中にだけいると、自分自身の市場価値がわからない場合も多いです。

第三者の目で客観的に判断してもらい、「あなたが本来受け取れるべき報酬」と、そのステージが開かれる可能性も少なく無いでしょう。

まずは、ご自身の市場価値を確認してみるのも良いですね。

また、総合的な情報を得るために、新聞をはじめ様々な情報誌から有益な情報を得ることも初めてみると良いかもしれません。

ネット記事だとどうしても自分に興味がある内容に偏りがちですが、日経ビジネスさんなど、様々な分野を網羅する雑誌等から満遍なく情報を吸収できると、より見聞の広い人材になれること間違いなしでしょう。

Amazonサービスを有効利用するのも良し

自分の中にインプットを増やすのであれば、「本」が最適です。
Kindle Unlimitedは月額制ですが有益な様々な本が読み放題なので、費用対効果が高すぎます。

まずは、お試しから始めてみませんか?

真面目な活字だけではなく、雑誌や漫画もあります。時にはそのような書物にて娯楽側にふけるのもよしと考えますよ。

また、通勤時など「本が読めない…」と言った場合は、Audible(オーディブル)が最適でしょう。

あなたに変わって本を読み上げてくれますので、イヤホンなどでき本の内容を聞き流すことができます。

両手が空くので、自由度が段違いです。環境に合わせて、導入してみてはいかがでしょうか。
こちらも、無料お試し期間があります。

その他、勉強だけではなく、遊びを通じたり人との交流を積み重ね、人間は成長していくものだと考えます。

そしてそれを継続する力こそが、自分自身を変え、新たな働き方、そして新しい生き方に繋がるはず。

残りの人生、時代や誰かのせいにして生きるのは、辛いですね。

今こそ、自分自身が、自分自身の価値に気づき、育てていく時だと私は考えずにいられません。

本記事が、皆様の何らかのお役に立てれば幸いです。

参考:江頭2:50さんが発売する図書などの紹介

本記事で取り上げました江頭2:50さんに関する参考URLや、図書などを紹介して終了とします。

本記事にたどり着いた方は、江頭2:50さんのファンだと思うので、宜しければ参考にしてみてください。

created by Rinker
フリーイング(FREEing)
¥6,600 (2020/09/28 05:17:41時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
自由国民社
¥1,540 (2020/09/27 05:45:18時点 Amazon調べ-詳細)

また、YouTubeチャンネルの「エガちゃんねる」も、応援していきましょう。