資格に関する記事一覧


施工管理

2019年現在では、実地試験のうち施工体験記述問題そのものについては色々な情報が調べられるようになりました。ですが、工事概要(工事名や工期など)の書き方についてはそこまで多くない印象です。ここではそんな「工事概要」について、正しい書き方を解説します。なお、土木施工管理技士において1級も2級も共通の内容となります。

施工管理

2級建築施工管理技士の資格を受験しようとする方に対して、特に初めて受験される方には読んで頂きたい内容です。学科試験・実地試験ともに対策をわかったうえで勉強をするかしないかでは、合格確率に差ができるでしょう。この内容が参考となれば幸いです。

施工管理

2級電気工事施工管理技士の資格は需要が高く、特に電気は我々の生活に欠かすことのできないものであるため、当分の間食いっぱぐれることのない資格だと考えます。勿論1級の方が素晴らしいのですが、まずは2級から施工管理の道を進みましょう。学科・実地試験ともに効率良く最速合格を目指すための方法を解説します。

施工管理

2級土木施工管理技士の資格を目指す方のうち、学科試験に臨む方向けの内容です。勉強前に出題傾向を掴み、どこを重点的に得点を稼いでいくかを知っているか知らないかでは、勉強効率が違ってきます。ここでは、試験問題構成を確認しつつ、どの分野に重点を置いた勉強計画を立てるかについて解説します。

施工管理

2級土木施工管理技士の資格を取得すれば、業界にとって非常に価値の高い人材になることが可能です。土木の道を進む方の多くにこの資格を習得して頂きたいです。ここでは、2級土木施工管理技士の資格習得の効率的な勉強方法について、実体験を元に解説します。なお、令和元年(2019年)は10月27日が試験日ですのでお忘れなく。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級建築施工管理技士の実地試験が予定されています。実地試験は施工経験記述問題が鬼門となっております。ですが、過去の傾向をしっかり分析することで、合格率は跳ね上がります。ここでは実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級電気工事施工管理技士の実地試験が予定されています。例年、学科試験を合格された方の半数以上は実地試験も合格されているようです。ですが、気を抜かず、早いうちから対策しましょう。ここでは過去問を振り返り実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級土木施工管理技士の実地試験が行われます。今年、学科試験を合格した方や、昨年、残念ながら不合格となり再チャレンジする方も、まずは試験問題の傾向をしっかり頭に入れる必要があります。ここでは実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

施工管理

施工管理の資格を得たり、これから得ようとしている方へ。そして、まだ駆け出しの施工管理技士の方へ。施工管理の仕事内容とはどんなものなのか、具体的に、やさしく、わかりやすく、簡単に解説します。最初の頃は難しいと感じるかもしれません、ですが、それを乗り越えた先に、新たな自分がいます。日々できることを積み重ねよう!

施工管理 資格

2019年7月7日は、年に1回しかない一級土木施工管理技士のための試験、【一級土木施工管理技術検定】の学科試験が実施されます。試験日まであまり時間がありません。最後の追い込みに向けて学習が忙しいでしょうが、試験の注意事項をまとめましたので、勉強の合間にでも確認してみて下さい。