Shoji

施工管理

1級管工事施工管理技士の実地試験の対策として、過去問を元に対策方法を記載しましたので、どうぞご活用下さい。オススメの参考書などについても記載しています。

働き方 生き方

人を惹きつける魅力ある話し方とは、ただ単に面白い話をすれば良いわけではありません。思想に賛同・支持してもらうためには、「影響力」が必要不可欠です。優れたリーダーには圧倒的なカリスマ性がありますが、実は誰しもがカリスマ性の高い話し方をすることが可能です。その方法を、とある理論を用いて解説します。

安全 建設 施工管理

北海道労働局(厚生労働省)による、「建設工事追い込み期の労働災害防止運動」が2019年にも開催されます。なお、追い込み期とは10〜12月のことを言います。建設工事の労働災害防止に向け、様々な活動が企画されています。このような企画に積極的に参加し、安全意識の向上に努めましょう。北海道以外の方もぜひご一読下さい。

働き方 生き方

話し方のテクニックとして、ビジュアライズ(visualize:視覚化する)というものがあります。とても重要かつ、極めれば最強のテクニックとなり得るポテンシャルを持っています。人というのは心が動かないと、基本、行動に移しません。このビジュアライズは人の心を動かし、感動させる力を秘めたテクニックです。

働き方 生き方

プレゼンテーションで他者に何かを伝えたい場合、メリットとなるものばかり話していませんか?何事も少なからずデメリットとなるものがあるはずですが、それを伝えるのは勇気がいることかもしれません。ですがあえて伝えることで、聞き手に深く突き刺さる内容となる場合があります。ここではデメリットを上手に話す方法を解説します。

安全

北海道にはエゾシカが数多く生息しています。そして、残念なことに人間が運転する自動車との接触事故は後を絶ちません。悲しいことですが、その事故統計から「接触事故が起きやすいところ」がわかり、「エゾシカマップ」となりました。この過去の教訓のカタマリは有益な情報です。エゾシカとの接触事故防止に努めましょう。

働き方 生き方

ビジネスなどで「結論から先に話せ」と教えられた方が多数いるかと思いますが、何でもかんでも結論を先に持ってくる必要はありません。むしろ、結論を後出しにするからこそ、話の過程で聞き手の期待や興味を大きく膨らませることができます。「面白い話し方」や「心を掴む話し方」を目指すなら是非とも覚えておきたい内容を、ここで解説します。

働き方 生き方

聞き手が興味深く、面白い話し方をするためには、「文章の型」を意識し、それに当てはめ話すことが近道です。話しというのは、ストーリー(物語)が重要です。ストーリーがあるからこそ面白さが際立ち、続きが気になったりするものです。ここでは、それを実現させるためのテクニック【ストーリーフォーミュラ】について解説します。

働き方 生き方

伝えたはずなのに覚えられていないことや、教えられたのに覚えられないこと、割とあると思います。話し手の立場から、記憶に響く伝え方のヒントをここでは解説します。「1回の会話で1つのアクションを」をヒントに、短期記憶に響く方法を繰り返し、長期記憶として定着するよう、根気強く繰り返すことも必要です。

安全

北海道の大地には、人だけではなく熊(ヒグマ)も生息しています。最近は人里での目撃・出没情報が増えてきました。お出かけの際は、「クマMap」を確認し、クマがどの辺りでよく見かけられるのかを知っておくと良いでしょう。勿論無料で使えます。北海道に住む人だけではなく、観光や仕事で訪れている人にとっても役に立つ地図を紹介します。