ストレスチェックの概要と相談窓口の解説【セルフチェックで確認】

安全

労働安全衛生法により、「常時50人以上の労働者を使用する事業場」ではストレスチェックが義務化となりました。

今年度分もひとまずはチェックリストへの回答・記入はすでに実施された方、いらっしゃるのではないでしょうか?

職場によってはストレスチェックが対象外のところで働いている方もいらっしゃることと存じます。

所属する会社がストレスチェックを実施しなくても、実は自分で簡易チェックできるサイトがあるので、ここで紹介いたします。また、ストレスチェックとは一体何なのか、ストレスが高くなる原因と対処法も併せて解説いたします。

ご確認頂いたうえで、今までにストレスチェックを実施したことが無い方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事でわかること

  • 職場のストレスチェックの概要と目的
  • 職場のストレスセルフチェックと対処について





職場のストレスチェックの概要と目的

ハートを手に持つ人

パソコンを使う男

ストレスチェックに興味がある人「ストレスチェックって…何?ググってみるか」

こういう人のために、お役に立てれば幸いです。

ストレスチェックの概要

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に回答し、それを集計・分析することで自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査です。

冒頭でも書きましたが、労働安全衛生法では、「常時50人以上の労働者を使用する事業場」では、このストレスチェックが義務付けられました。(50人以下は任意)

その結果により、ストレスが高いと該当する労働者には心身問わずケアが必要ではないのか?ということがより分かりやすくなります。労働者のケアは、本人の健康を取り戻すだけではなく、組織の生産性の向上や労働モチベーションに響くため、近年特に重要視されています。

ちなみに

実はこのストレスチェック、「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」として、労働基準監督署に提出する必要があります。皆様の組織も例外なくされているかと。

定かではありませんが、この結果に基づき労働基準監督署の臨検などが入るかもしれませんね。

ストレスチェックの目的

労働者が自分のストレスの状態を知ることで、

  • ストレスをためすぎないように対処する
  • ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受ける
  • 会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらう

などにより、職場の改善につなげることを目的としています。

その結果、労働者の「うつ」など のメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。

労働者のメンタルヘルス不調は職場だけに限ったことではありません。様々な要素が絡み合っている場合があり、一概に「職場のせい」とはできないので注意です。

このような背景から、ストレスチェックは年に1回、実施されています。

50人以下の事業所でのストレスチェック(任意)について

雇用主や責任者(社長など)が実施しないと決めたもについて、個人では太刀打ちできません。以下にセルフチェックできるサイトを紹介しますので、是非試してみてください。





職場のストレスセルフチェックと対処について

医療関係者

ストレスセルフチェックが可能なサイトは下記の通りです。5分程度で簡単にチェックできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

画面の表示の通り、ご自身の心の声に正直に回答していきましょう。

ここで見栄を張りカッコつけても意味はありません。正直な気持ちで回答してください。

試しに実施してみた結果がこちら

ストレスセルフチェックの結果

こんな感じです。それなりに、ストレスがあるようです。

私は建設業界で働いていますが、ストレスが完全になくなることはまずないですね。でも、他の業種でも同じだと思うので、腐らず頑張っています。

皆さまの結果はどうなりましたか?多かれ少なかれストレス有りという結果になったのではないでしょうか?働いていれば、軽度のストレスはどうしても発生してしまいます。

大事なのはストレスを溜め込まないことです。ですがそもそも、どうしてストレスがたまってしまうのでしょうか?ここを考えてみましょう。

職場のストレスの原因となるもの

ストレスの原因は、「理想と現実のギャップがあるから」が大半だと考えます。

  • 見当はずれなことを言う上司の指示命令に従わなくてはならない
  • 希望する職種とは無縁の業務内容である
  • はやく帰りたいのに帰れない
  • 休みを取りたいのに、休めない
  • 自分ならより良くするためにこうするのに、会社の方針でできない

上記の通り。なんでも自分の理想とする仕事ができるのであれば、ストレスはそこまで生まれないはず。ですが何でも自分の思う通りの仕事なんてできませんね。

人の考えは 十人十色。あなたが理想とする環境が、別の人にとってはやりにくいものだったりします。全員が100%納得する職場環境はほぼ不可能です。

ただし、時間外(残業)や休日出勤は別です。さらに加えて、パワハラやセクハラに起因するストレスは、組織全体で根本からみなおす必要があります。

あなたが抱えているストレスの原因は、あなたにしか判りません。ですが信頼して相談できる人がいるのであれば、相談してみるのも手でしょう。

辛かったら、相談窓口があります

もし、社内など身近に相談できる人がいなければ、下記の通り窓口がございます。

働く人の「こころの耳電話相談」【電話窓口】

あなたの悩み事について、電話で相談可能です。なお、相談可能な内容は

  • メンタルヘルス不調のこと(心の悩み、人間菅家の悩みなど)
  • 過重労働による健康障害について(長時間労働、健康管理状況など)
  • ストレスチェック制度のこと

などです。詳しくはリンク先を確認下さい。

働く人の「こころの耳メール相談」【メール窓口】

「電話じゃちょっと…」という方には、メールでのお悩み相談も可能です。こちらも、リンク先の内容をご確認頂き、ご利用下さい。

ハラスメント悩み相談室

こちらはハラスメントに特化した相談所となります。つまりは、パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラなどですね。

医療機関をお探しの場合はこちら

各都道府の医療機関

こちらをご利用下さい。

身近に親身に相談を聞いてくれる人がいなくても、誰でも無料でこのような機関を利用することが可能です。どうしても辛い時は、一人で抱え込まず、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

ストレスを抱え込まないために

これまでの通り、ストレスチェックを実施してみて、その結果どうすれば良いのかを知ることが大事です。本記事で紹介した通り、身近に相談したり、専門機関を利用したりして、心の不安を取り除きましょう。

あなたを守れるのはあなた自身だけです。会社や組織は守ってくれません。そのことを念頭に、どうか無理だけはしないよう、お願いいたします。