Shoji

Google Adsに登録してキーワードプランナーを使用する方法

ブログ運営

ブログを書くという行為は、自分のためでもあり、読んで頂くお客様(閲覧者)のためでもあります。

自分の書きたいことを書き続けるのみ良いのですが、何らかの情報を得るために、お客様はこのサイトに訪れていると考えています。なので、少しでも有益な情報を網羅できるよう、考えました。

このブログは主に、建設業を通じて、実務と安全および資格について語るのがメインとなっています。なので建設に関するキーワードを、客観的に分析できるシステムが欲しいと考えていました。

そこで、有名どころのGoogleのキーワードプランナーを導入しようと考えました。というか、導入しました。今のところ、使用感はまずまずです。

同じくキーワードプランナーをご利用になられたい方もいらっしゃると思いますので、導入方法についてここにまとめます。一部制約がありますが、無料で使用可能です。

建設のことはこの記事では抜きにしています。老若男女・職種問わず、導入検討されている方の役に立てば幸いです。

本記事でわかること

  • Googleキーワードプランナーでできること
  • Googleキーワードプランナーを使用する準備
  • Googleキーワードプランナーの導入方法

キーワードプランナーでできることと、利用するまでの流れ

キーワードを打ち込む男

    【注意】

    記事タイトルや見出しにも書いたGoogle Ads(Google広告)というものですが、実はキーワードプランナーはこのGoogle Adsのシステムの一部として組み込まれています。
    なので、Google Adsに登録が必要となります。その過程であなたからGoogleへの広告費用の支払い方法について進言する必要があります。

    ですが、設定で無料化できます。

    それでは、キーワードプランナーでできることと、どういうメリットがあるのかを解説しつつ、登録の流れをスクショを用いて解説します。

キーワードプランナーを使用してできること

Googleなどの検索サイトで、何かを検索するとします。例えば、「食事」にするとしましょう。

普通、「食事」だけだとワードが大きすぎて、お目当ての記事になかなかたどり着けません。なので、「食事 北海道」「食事 〇〇駅付近」のように、キーワードで目的の記事を絞り込むわけです。

よって、検索されるワードの傾向がわかれば、ブログ書きの人は見てもらえる率が高まるということですね。

こういう検索のキーワードを予想してくれるのが、Googleのキーワードプランナーです。
私のような物書きには、大変便利な機能です。

Google Adsへの登録方法

それでは、早速導入してみましょう。まずは、Google Adsのページへ移ります。


上記リンクを飛んですぐに、下のような画面が出てくると思います。

キーワードプランナー登録画面

青いボタンの「キーワードプランナーに移動」をクリックしましょう。

次に、下の画面が出てきます。

キーワードプランナーの主な目的

主な目的ですが、私のようなブロガーであれば、ウェブでの活動なので、真ん中のものを選び、「次へ」をクリックしましょう。

さらに、下の画面が出てきます。

サイトのタイトルとURLの記入

ビジネスの説明ですが、登録するブログのタイトルとURLを打ち込めばOKです。

「次へ」をクリックしましょう。さらに、下の画面が出てきます。

ターゲットの所在地

9割以上の方は日本で活動しているでしょうし、ターゲットは日本で良いと思います。(デフォルトのまま)

「次へ」をクリックしましょう。さらに、下の画面が出てきます。

商品やサービスの指定

ブログの趣旨に合ったものを記入すればOKです。このブログの例を記入しておきましたので参考にしてみて下さい。

そして、「次へ」をクリックしましょう。さらに、下の画面が出てきます。

Google Adsの内容1

Googleが、あなたのサイトの広告を作ってくれました。きちんとお金をあなた→Googleに支払えば、この広告をGoogleで宣伝してくれます。

支払いはストップできるので、安心して次に進みましょう。

Google Adsの内容2

この画像については変更点特にありません。次に行きましょう。
Google Adsの内容3

Googleの作ったあなたのサイトの広告、継続使用するならば、お金を支払うことになります。とりあえず、無料にも出来ます(広告を使用しない)が、念のため金額は低い方が安心ですね。「予算を自分で入力」ボタンを押します。

そうすると、下の画像の通り金額を自分で調整できるようになるので、最低の200円にしておきましょう。

※なお、ここではキーワードプランナーの説明に限るもの歳、Google Adsの使用方法については割愛します。

Google Adsの内容4

200円にしたら、予算を設定ボタンを押し、元の画面に戻ります。そして、「次へ」をクリックします。すると、キャンペーン設定の確認画面が現れます。ここはいじらず、スルーして次に進みましょう。

Google Adsの内容5

最後に、お支払情報の確認画面が現れます。ここに自分の情報を入れます。お金の支払い方法については振り込みもあるみたいですが、私はクレジットカードを使用しました。繰り返しになりますが、広告設定を切れば無料になりますんので心配しないでください。

Google Adsの内容6

うまくいけば、下の画面の通り登録が完了となります。

Google Adsの内容7

キーワードプランナーの表示

先程の画面で、キャンペーンの確認をクリックすると、画面の一部に下のような表示が現れます。
Google Adsの内容8

左下の「有効」となっているところをいじくると、一時停止状態となり、料金は発生しません。最初から無料でやる方は、すぐに一時停止状態にしておきましょう。

Google Adsの内容9

この通り、一時停止状態になりました。

次に、ついにキーワードプランナーの使用に移ります。画面右上の方に、スパナのマークがついた設定ボタンがあるので、そこ押すと下の写真の通りとなります。

Google Adsの内容10

エキスパートモードに切り替えてください。すると、下の通りになりますので、その中にあるキーワードプランナーを選択すればOkです。

キーワードプランナーのリンク

以上で完了となります。

キーワードを網羅し、強いサイトを作ろう

より多くの方に記事を届けるには、より多くのキーワードでサイトを強化する必要があります。このキーワードプランナーはそれを手助けてくれる、便利なツールです。もし、導入をまだしていない方がいらっしゃれば、導入することをお勧めします。

なお、無料版では検索ボリュームなどが一部曖昧な数値となっておりますが、先ほど自分で指定した200円~の広告を活用するのであれば、検索ボリュームなどの詳細数値を知ることが可能となります。この辺りは、予算を考慮の上決定してみて下さい。

今回の記事は、導入編ということで終わりにします。

記事タグ(クリックorタップで関連記事にアクセス可能です)