Shoji

タグ:2級建築施工管理技士が付いている記事一覧


施工管理

令和元年度(2020年度)2級建築施工管理技士「学科・実地試験」の合格発表日がついにきました。受験された方は早急に合格発表を確認しましょう。合格した方は、期限内に合格証明書の発行をお忘れなく。そして、早いうちに1級建築施工管理技士を目指すのもお勧めです。

施工管理

令和元年度2級建築施工管理技術検定「学科試験」(後期試験)の合格発表者について 、試験主催元の建設業振興基金さまから公表されました。合否の状況によって、行動が変わってきますので、早めにご確認されることをオススメします。

施工管理

2020年となり、早速ですが施工管理の資格についてです。1月から3月の間は、これまでに実施してきた施工管理の各種試験の合格発表日がたくさん待ち構えております。ここではそのスケジュールをまとめましたので、ご参考にしてみてください。合否確認後どうすれば良いかも、ちょっとだけ解説しています。

施工管理

2019年11月10日(日)は、2級建築施工管理技士の試験(学科・実地)が行われました。学科試験については主催元である建設業振興基金さまで解答例が発表されていますが、実地試験は公表しないこととされています。そのため、他機関などの解答例を待つ必要があります。ここでは、その解答発表箇所の紹介を行なっています。

施工管理

2019年11月10日は、2級建築施工管理技士および2級電気工事施工管理技士の学科・実地試験が開催されました。受験された皆様、お疲れ様でした。受験直後ということで、受験者の話題は試験の内容で持ちきりです。ネットでも色々と書き込みされており、参考となる情報があるかもしれません。その情報元についてここでは紹介します。

施工管理

建築施工管理技士の実地試験は、1級・2級問わず施工経験記述問題が重要となります。そこでの作文はもちろんのこと、工事概要(工事名や工期など)をしっかり書くことも重要です。ここでは、その工事概要についての書き方を確認・解説します。

施工管理

2級建築施工管理技士の資格を受験しようとする方に対して、特に初めて受験される方には読んで頂きたい内容です。学科試験・実地試験ともに対策をわかったうえで勉強をするかしないかでは、合格確率に差ができるでしょう。この内容が参考となれば幸いです。

施工管理 資格

令和2年度(2020年度)の建築・土木・電気工事・電気通信工事・管・造園・建設機械、各種施工管理技士の試験日(学科・実地)をまとめました。施工管理技士の需要は年々高まっています。スケジュールを早いうちから組み、試験対策を始めましょう。