Shoji

【複線図】第二種電気工事士の技能試験の対策と解答例

電気工事士

第二種電気工事士の技能試験に挑む人「第二種電気工事士の学科試験は合格したけれど、技能試験に自信がない。問題見ても【複線図】?が描けない。わからないけれど、複線図も施工の完成形もとりあえず仕上がったものがどんなものか見てみたい。見て覚える予定。最悪、暗記する。」

第二種電気工事士の技能試験を目前として、上記のような方、または類似する方、いらっしゃるかと思います。

本記事では、第二種電気工事士の技能試験の攻略・対策情報を紹介します。

また、その中で、「候補問題および試験問題の複線図」などについても、全種類(No.1〜No.13)解説します。

  • これから学習する方の参考情報として
  • ある程度学習を終えた方のうち、確認の意味を込めて
  • 「複線図」はわかるが、「概念図」や「施工の完成形」を知らない人に対して

上記のような方に、きっとお役に立つ情報だと思いますので、第二種電気工事士の技能試験を受験される方はご覧になっていただければ幸いです。

なお、複線図、概念図、施工の完成形については、本記事で追って説明致します。

本記事の内容

  • 第二種電気工事士の技能試験対策に重要な候補問題
  • 第二種電気工事士の技能試験の試験問題と複線図・概念図・施工の完成形の例
  • 第二種電気工事士の技能試験に有効な書籍の紹介
  • 第二種電気工事士の技能試験に必要な工具・材料
  • 第二種電気工事士の通信教育の紹介について

第二種電気工事士の技能試験対策に重要な候補問題

試験を解く人

第二種電気工事士の技能試験を攻略するにあたり、まず始めに欠かせないものとして、「候補問題」を知ることです。

技能試験の候補問題を知るべき理由

候補問題とは、試験元より公式に、「この中から、類似回路の試験を出題します」と言われている【技能試験本番の内容に酷似した問題】のことです。

候補問題を土台に、技能試験の問題が作られます。

つまり、候補問題をすべて覚えれば、技能試験本番は「あ、これ候補問題で見たやつだ。覚えているから簡単だな」と、かなり有利な状況に回れます。

全部で13問あり、技能試験本番ではどれが出題されるか分かりませんが、「まったくわからないもの」を施工するより、合格率が高まるとご理解頂けるかと思います。

すなわち、「候補問題を学習し覚える」ということが合格への最短ルートの第一歩です。

そしてこの候補問題、ここ数年変化がないため、何度も同じような問題が出題されていることもポイントです。

候補問題そのものは情報が少ないため、技能試験問題の過去問の施工条件を想定し、実際に手を動かして回路を施工することが合格への最短ルートの王道です。

候補問題の紹介について

候補問題の公表先については、下記リンクにアクセスしてみて下さい。

» 【参考】2019年第二種電気工事士技能試験候補問題の公表について(PDF)

第二種電気工事士の技能試験の試験問題と複線図・概念図・施工の完成形の例

リレーを交換する人

「百聞は一見に如かず」ということで、第二種電気工事士の候補問題を元に作成された「技能試験」を見てみましょう。
そして、与えられた施工条件に添って作られた「複線図」「概念図」「施工の完成形」を見てみましょう。

なお、それぞれの用語は、

  • 複線図:与えられた問題(単線図)を実際に施工する電線本数と同じだけ使用し、より施工に近い形にした図
  • 概念図:施工の完成形をイラスト化し、様々な情報(電線情報など)を盛り込んだ図
  • 施工の完成形:その名の通り、施工の完成形の写真

簡単に説明すると、上記の通りです。

本記事で全てを紹介するととても長文になるため、個別に記事にしております。

お手数ですが、情報を必要とする問題No.(1〜13)のリンクをクリック頂き、その先の内容を読み進めて下さいますよう、お願い致します。

技能試験(候補問題)No.1

技能試験(候補問題)No.2

技能試験(候補問題)No.3

技能試験(候補問題)No.4

技能試験(候補問題)No.5

技能試験(候補問題)No.6

技能試験(候補問題)No.7

技能試験(候補問題)No.8

技能試験(候補問題)No.9

技能試験(候補問題)No.10

技能試験(候補問題)No.11

技能試験(候補問題)No.12

技能試験(候補問題)No.13

候補問題は大事だけれど、それだけではNGな理由

候補問題はあくまで「回路(単線図)」のみの紹介です。

もちろんこれだけでも「できる人は合格する」のですが、そういう方ばかりではありませんね。

  • どんな電線を使うのか
  • 施工の条件はどうなっているか

など、試験問題の過去問をご確認いただければ「施工に関する様々な条件・制約」があることがわかります。

また、この条件・制約を想定し、実際に手を動かし施工することが重要です。

候補問題と過去問の比較も必要

注意:近年は候補問題が不変のため、過去問を参照可能です。ですが、いずれ候補問題が変化することがあるでしょう。そのような場合、過去問が通用しない可能性もあります。

自分が受験する年の候補問題と、過去問の内容が大きくずれていないことを確認する。

そのためにも、候補問題を確認しておくことは重要です。

第二種電気工事士の技能試験に有効な書籍の紹介

開かれた2冊の本

当ブログを始め、ネットでも必要な知識や技術を学習することは可能ですが、より深く学びたい方のために、参考図書を紹介します。

created by Rinker
オーム社
¥1,320 (2020/10/21 18:24:02時点 Amazon調べ-詳細)


参考書には、「電線ケーブルの剥き方」や「ランプレセプタクルの電線施工方法」など、より細かな解説をしているものもあります。
宜しければ、ご参考にしてみて下さい。

第二種電気工事士の技能試験に必要な工具・材料

様々な工具類
こちらの内容も長文となるため、別記事にしてあります。

宜しければ、ご参考にしてみて下さい。

なお、工具が無いと試験ができないため、必ず揃えましょう。
リンク先に、必要なものをすべて紹介しています。

また、施工練習として、電線材料やスイッチ等の部品が必要な方もいらっしゃるかと思います。

そのような方に、材料類も上記の工具関連記事で取り扱っていますので、状況に応じてご確認してみて下さい。

電気工事士の通信教育の紹介について

森で授業をする先生と生徒

第二種電気工事士 短期合格特別講座というものがあります。



  • そもそも何をやればいいのかすらわからない
  • まあまあわかるけれど、一人だと合格できるか不安だ
  • 少しでも合格に近づきたい

こんな方には、朗報かもしれません。筆記試験は終わったため、第二種電気工事士  技能コース【技能対策】を受講すればOKですね。

もちろんテキストがついていますし、コースによっては、「工具や材料付き」というのもあるため、通信教育を受講する場合はご自身でそういったものを準備する必要がないのみ良いですね。

なお、この通信教育の教材は、Amazonなどでも購入可能だったりします。

なお、この通信教育の教材は、Amazonなどでも購入可能だったりします。

テキスト+工具はこちら

一見すると高くてびっくりするかもですが、電気工事士の資格は一生もので、幸か不幸か「引く手あまた」なため、一生食いっぱぐれることはない資格です。

「電気工事で稼いでみる」という気持ちがあれば、初期投資と割り切り、利用するのも手です。

よろしければ、ご参考にしてみてください。



第二種電気工事士の技能試験を合格しよう

これまでに紹介した情報や工具を駆使すれば、合格は間違いなく可能です。

もしかしたら試験日はまだまだ先だと思っているかもしれませんが、業務が忙しかったり、急に何か予定が入ったりと勉強がうまくいかなくなる可能性もあります。

なので、できるうちから少しずつ、コツコツと学習をするべきでしょう。

「直前で勉強すればいいや」と思っていたら、直前に急用が入ることもあるかもです。早めの対策が吉です。

知識と技術を満遍なく身につけ、試験合格を目指してくださいね。
本記事が役に立てば幸いです。