Shoji

タグ:実地試験が付いている記事一覧


施工管理

令和元年度(2020年度)1級建築施工管理技士「実地試験」の合格発表日がついにきました。受験された方は早急に合格発表を確認しましょう。合格した方は、期限内に合格証明書の発行をお忘れなく。また、監理技術者への手続きも進めましょう。

施工管理

令和元年度(2020年度)1級電気工事施工管理技士「実地試験」の合格発表日がついにきました。受験された方は早急に合格発表を確認しましょう。合格した方は、期限内に合格証明書の発行をお忘れなく。また、監理技術者への手続きも進めましょう。

施工管理

2020年となり、早速ですが施工管理の資格についてです。1月から3月の間は、これまでに実施してきた施工管理の各種試験の合格発表日がたくさん待ち構えております。ここではそのスケジュールをまとめましたので、ご参考にしてみてください。合否確認後どうすれば良いかも、ちょっとだけ解説しています。

施工管理

令和元年12月1日(日)に、1級管工事施工管理技士の実地試験が実施されました。受験された皆様、大変お疲れ様でした。本記事では、実地試験の解答速報をお届けします。早めに自己採点を行い、合否傾向を掴みましょう。

施工管理

令和元年(2019年)12月1日は、1級電気通信工事施工管理技士・1級管工事施工管理技士・1級造園施工管理技士の実地試験が行われました。1日経ち、各種試験の問題が公表されましたので紹介します。なお、解答については試験主催元では公表されないため、要注意です。

施工管理

令和元年度一級電気通信工事施工管理技士の実地試験が、令和元年(2019年)12月1日(日)に実施されました。ここでは受験後にすぐにできることとして、同じ受験者さまが発信する各種情報の収集方法をご紹介します。資格自体が初めての実地試験のため色々と不安でしょうし、今わかることを自主的に収集してみてはいかがでしょうか?

施工管理

令和元年度一級管工事施工管理技士の実地試験が、令和元年(2019年)12月1日(日)に実施されました。受験された皆様、お疲れ様でした。ここでは受験後にすぐにできることとして、同じ受験者さまが発信する各種情報の収集方法をご紹介します。合格発表日まで色々と不安でしょうし、今わかることを収集してみてはいかがでしょうか?

施工管理

施工管理技士の令和2年度分のテキストや過去問集の販売情報が早速発信されました。対象は土木・建築・管工事・電気工事・電気通信工となります。発売日を確認のうえ、早めの入手と勉強開始にて、試験合格を目指しましょう。

施工管理

2019年11月10日(日)は、2級電気工事施工管理技士の試験(学科・実地)が行われました。学科試験については主催元である建設業振興基金さまで、実地試験については本ブログで取り上げる地域開発研究所さまで発表されておりますので、ご確認してみてください。

施工管理

2019年11月10日(日)は、2級建築施工管理技士の試験(学科・実地)が行われました。学科試験については主催元である建設業振興基金さまで解答例が発表されていますが、実地試験は公表しないこととされています。そのため、他機関などの解答例を待つ必要があります。ここでは、その解答発表箇所の紹介を行なっています。