施工管理

2級土木施工管理技士の実地試験のうち、ご自身の施工経験の記述を書きしたためる「作文」が鬼門となっている方もいらっしゃるでしょう。ここでは、作文のためのヒントを洗い出してみましたので、ぜひご参考にしてみて下さい。過去問の解析により、安全・品質・工程・環境の4本柱が重要とわかります。その内容について、解説しています。

施工管理

令和元年(2019年)10月に、1級電気工事施工管理技士の実地試験が開催されます。試験に向けて勉強に励んでいる方が多数かと思います。まだ勉強していない方でも、間に合いますのでご安心を。本記事では、実地試験の施工経験記述問題のヒントとなりうる内容を多数取扱っています。作文の参考にして頂ければ幸いです。

安全

台風が通過する前後または台風直撃時は、工事現場にとって大きなダメージを与える可能性があります。台風により足場が倒壊したり、重機が横転したり、風に舞うものが飛んで行ったりとなかなかにハードです。大事なのは「きちんと点検し、不安要素を取り除く」ことと、「台風の時は無理をしない」だと考えます。

施工管理

2019年10月6日(日)に、令和元年 1級土木施工管理技士の実地試験が実施されました。早速、解答試案が各社から発表となりましたので、ここで紹介いたします。合否傾向を掴むためにも、チェック必須です。また、試験を受けた後の動向としてどのような選択があるかについても解説しています。

施工管理

令和元年度1級土木施工管理技士の実地試験が、2019年10月6日(日)に実施されました。本記事では、ネット上に書かれた「受験者さまが試験を受けた後の率直な感想」などを拾い集めてみました。お疲れでしょうが、試験の難易度が難しいものだったのか簡単なものだったのか、気になりますよね?その辺りをまとめましたので、ご覧下さい。

働き方

過去に「日本ブレイク工業」という会社の社歌がテレビで取り上げられて、空前の大ヒットとなりました。この現象まさに時代を先取りした「働き方改革」なのでは?と考えてしまいます。テレビ出演やCMなどの宣伝効果は抜群で、時代の寵児に登りつめることも夢ではありません。ここでは、その方法の一つとして、効果的なものをここで紹介します。

建設

法定停電というものをご存知ですか?電気事業法では、自家用工作物は停電させて点検する必要があると謳っています。設備を停電させると、会社によっては非常に困ることになるでしょう。そのような事象を回避するための電源を紹介するとともに、法定停電とは何か、ここで解説します。

建設

2019年10月1日より、消費税が8%から10%となりました。 たかが2%されど2%、1万円のものを買えば、ついに1千円の課税となります。 税と名のつくものは今後ますます国民を圧迫していくことでしょう。 それに対しての見 […]

安全

令和元年(2019年)の全国労働衛生週間の本週間が、10月1日より開始されました。特に「これをやれ」という決まりはありませんが、ここではオススメの取り組み事項として9つのテーマを紹介します。メンタルヘルスや化学物質リスクアセスメント、過労死など、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

施工管理

2019年(令和元年)の、1級管工事施工管理技術検定試験の学科試験が9月に行われました。 学科試験の合格発表は10月ですが、すでに自己採点は済まされたと思いますので、合格見込みの方は早めに実地試験の準備に取り掛かりましょ […]