法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。「国民皆保険」ではありますが、健康保険の種類は様々です。保険の種類を調べ、正しく保険番号を入力する必要があります。どこを確認すれば健康保険番号がわかるのか、そこも解説します。

安全

2019年7月、京都アニメーションにてガソリンによる放火ニュースが日本のみならず世界を震撼させました。ガソリンの怖さは一度、勉強し直した方が良いと思います。建設業界では機械の燃料等で良く使用するため、特に覚えましょう。ここではガソリンに関する知識を消防法に準じて解説し、事故が起きないための対策についても考察します。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。厚生年金保険「雇用保険」適用事業かどうかも含め、正しく保険番号を入力する必要があります。どこを確認すれば厚生年金保険番号がわかるのか、そこも併せて解説していきます。

法令

施工体制台帳には、社会保険の加入状況を記載することとなっています。所属する会社において、そのようなデータが自社のどこに保管されているかわかりますか?ここでは、社会保険のうち「雇用保険」にスポットを当てます。どこを確認すれば雇用保険番号がわかるのか、解説していきます。

法令

施工体制台帳で社会保険加入状況を確認する理由をご存知ですか?その理由を解説します。2012年(平成24年)に建設業法施行規則が改正され、施工体制台帳に社会保険の加入状況を明記することが必須となりました。2019年(令和元年)では社会保険未加入の会社はほぼいないと思いますが、ゼロではないかもしれません。

法令

施工体制台帳と聞くと、気が重くなる方もいるかもしれません。ですが、工事現場全員の安心安全な作業を保証する大事な書類となるため、必ず遅延なく作成・提出しましょう。ここでは、なぜ施工体制台帳を作成するのか、なぜ施工体制台帳が必要とされるのか、わかりやすく、明確に解説します。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級建築施工管理技士の実地試験が予定されています。実地試験は施工経験記述問題が鬼門となっております。ですが、過去の傾向をしっかり分析することで、合格率は跳ね上がります。ここでは実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級電気工事施工管理技士の実地試験が予定されています。例年、学科試験を合格された方の半数以上は実地試験も合格されているようです。ですが、気を抜かず、早いうちから対策しましょう。ここでは過去問を振り返り実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

美容・健康

熱中症対策の一環として、空調服を導入するところが増えてきましたね。でも実際のところ、その効果に半信半疑な方も多いと思います。ここでは、北海道民の私が、昨年2018年の40度超え真夏日の期間に空調服を使用し、その率直な使用感をまとめメリット、デメリットについて解説します。結果としては「買ってよかった」です。

施工管理

令和元年(2019年)10月は、1級土木施工管理技士の実地試験が行われます。今年、学科試験を合格した方や、昨年、残念ながら不合格となり再チャレンジする方も、まずは試験問題の傾向をしっかり頭に入れる必要があります。ここでは実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。