Shoji

タグ:1級土木施工管理技士が付いている記事一覧


施工管理

1級土木施工管理技士の試験を受験するにあたり、資格の難易度って気になりますよね。その結果で今年受験するかどうかを決めたり、勉強日数を計画立てたりしなくてはなりません。その目安として、本記事では1級土木施工管理技士の受験難易度について解説します。過去の合格者数からのデータを元に、解説していきます。

施工管理

これまでに行われた1級土木施工管理技士の試験において、過去10年以上の受験者数・合格者数・合格率をまとめました。また、その内容から試験分析も行っており、勉強方針についても解説しております。合格率を高めるためには、有益な情報の収集と、日々の勉強の積み重ねです。受験者の皆様の勉強方針や試験情報のお役に立てれば幸いです。

施工管理

令和元年度1級土木施工管理技術検定「実地試験」の合格発表者について 、試験主催元の全国建設研修センターさまから公表されました。必ず確認しましょう。合格された方は、1級土木施工管理技士になるための最後の手続き=合格証明書の発行をお忘れなく。

施工管理

2020年となり、早速ですが施工管理の資格についてです。1月から3月の間は、これまでに実施してきた施工管理の各種試験の合格発表日がたくさん待ち構えております。ここではそのスケジュールをまとめましたので、ご参考にしてみてください。合否確認後どうすれば良いかも、ちょっとだけ解説しています。

施工管理

2019年10月6日(日)に、令和元年 1級土木施工管理技士の実地試験が実施されました。早速、解答試案が各社から発表となりましたので、ここで紹介いたします。合否傾向を掴むためにも、チェック必須です。また、試験を受けた後の動向としてどのような選択があるかについても解説しています。

施工管理

令和元年度1級土木施工管理技士の実地試験が、2019年10月6日(日)に実施されました。本記事では、ネット上に書かれた「受験者さまが試験を受けた後の率直な感想」などを拾い集めてみました。お疲れでしょうが、試験の難易度が難しいものだったのか簡単なものだったのか、気になりますよね?その辺りをまとめましたので、ご覧下さい。

施工管理

1級土木施工管理技士の実地試験のうち、施工経験記述=作文において、どのように書けば「採点者が合格と認める内容」となるかを解説します。大切なことは【記述テーマを守る】と【脳裏に具体的な情景を思い浮かばせる】ことの2点です。

施工管理

2019年現在では、実地試験のうち施工体験記述問題そのものについては色々な情報が調べられるようになりました。ですが、工事概要(工事名や工期など)の書き方についてはそこまで多くない印象です。ここではそんな「工事概要」について、正しい書き方を解説します。なお、土木施工管理技士において1級も2級も共通の内容となります。

施工管理

令和2年(2020年)10月は、1級土木施工管理技士の実地試験が行われます。今年、学科試験を合格した方や、昨年、残念ながら不合格となり再チャレンジする方も、まずは試験問題の傾向をしっかり頭に入れる必要があります。ここでは実地試験の構成や内容を再確認するとともに、試験対策について解説します。

施工管理 資格

令和2年度(2020年度)の建築・土木・電気工事・電気通信工事・管・造園・建設機械、各種施工管理技士の試験日(学科・実地)をまとめました。施工管理技士の需要は年々高まっています。スケジュールを早いうちから組み、試験対策を始めましょう。